2017年4月14日 (金)

育毛で大切なこと

育毛には様々な方法があるため、こうした様々な方法を知っておく事は、これから育毛に取り組むという人だけでなく、既に育毛に取り組んでいる人にとっても大事なことです。育毛はとてもデリケートものですので、闇雲に行っても効果は出ません。

育毛効果を高めるためにはどうすれば良いかを常に考え、緻密に、そして毎日継続して行わなければならないのです。これが、育毛の肝であり、育毛が難しいと言われる所以なのです。

育毛というものをしっかりと「知る」、それがなぜ有効なのか、なぜ意味の無い行為なのかなどを把握しておくだけでも、育毛の効果は目に見えて違ってくるものなのです。

育毛に「まぐれ」などはありません。毛が育つには確たる理由があり、育毛はとても難しいものなのです。

そして、どのような育毛方法であれ、短期間で効果の出るような方法はないという事です。

育毛は自分自身の髪の毛を育てるものですから、それは時間がかかるものだということは、しっかりと、頭に入れて置きましょう。

もしも、今すぐにでも毛を濃くしたい、あるいは、毛をふさふさにしたいのであれば、育毛よりも、植毛やかつらの方が適しております。

しかし、こうした方法で手に入れる毛は、自分の毛ではありません。植毛は自分の毛ではありますが、それは手術という大掛かりな方法が必要になってくるのです。

【薄毛や抜け毛】にお悩みの方は「銀クリAGA.com」気軽に無料相談!!

2017年4月 7日 (金)

保健機能食品と健康食品の違いは?

健康食品の中には、厚生労働省が健康の保持・増進効果を確認して認可している「保健機能食品」があり、これは、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の2種類に分かれております。

これに対し、「健康食品」は、成分や働き、さらには安全性が公的に認められていない食品で、サプリメント、健康補助食品、栄養補助食品などがあります。 この2つの間には、厚生労働省から認可を受けているす否かだけでなく、表示の記載にも違いがあります。

厚生労働省から認可を受けている「保健機能食品」は、科学的な根拠に基づいて有効性や安全性が確立されている成分が使用され、国の規格基準を満たした食品であり、商品別に認可が与えられています。

このため、特定保健用食品には「○○成分が含まれているため、××という働きが期待できます」と、特定の目的に適している旨を商品に表示すること出来ます。

また、栄養機能食品には「○○は、××に必要な栄養素です」といった栄養機能を表示することも出来ます。

こうした表示により、消費者は明確な目的を持って、この商品を購入し摂取することが出来るのです。

一方、公的に認められていない健康食品は、一般の食品と同じ分類であるため、保健機能食品のような効果や効能を表示することは出来ません。

これら健康食品の中には、有効性の根拠が科学的ではないものが多く、また、たとえ科学実験が行われていても、実験環境が不十分なめ、本当にその健康食品の効果なのかといった確実性に欠ける場合もあるため、摂取にあたっては意が必要です。

健康サプリ&健康飲料比較【若々しく健康な】生活を!!

男性と女性の薄毛・抜け毛の違いは?

男性だけが薄毛や抜け毛に悩んでいるわけではありません。女性も男性と同様に髪と頭皮について悩んでいるのです。

20代~30代の女性と言えば、薄毛についての悩みが無さそうですが、実態は、悩みを抱えている方が少なくありません。その原因は、生活習慣の乱れなどがあるとされており、働く女性に多いストレスなどが関係していると考えられています。

また、男性の薄毛は一般的に、毛髪自体が細くなっていくというものですが、女性の薄毛は髪の数が減っていく傾向にあります。男性の場合は部分的に脱毛が見られ、脱毛部の形によってM型・O型などと言われますが、女性の薄毛は頭部の比較的広い範囲でボリュームダウンが起こる、いわゆる「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状です。

これは加齢などによって毛母細胞の活動が弱くなり、通常であれば一つの毛穴から何本も生えている毛髪が減ってしまう事で起こります。

さらに、髪自体が細くなりハリやコシも失われることで、全体的なボリュームダウンを感じる原因となっています。

特に50代以上の女性では、これから成長していく毛髪の割合が減少し、抜け毛が増える事で髪全体の本数が減ってしまうのです。

このように男女の薄毛は原因もタイプも違います。そのため、男性用の育毛剤を女性が使用しても効果はありません。最近では男女兼用の育毛剤も多くなっているのです。


「長春毛精」は【和漢12種類】を配合した日本人女性用の育毛剤♪

脱毛抑制タイプ育毛剤の有効成分

育毛製品には、大きく分けて、脱毛抑制タイプ、発毛促進タイプの2つがあります。育毛剤を使用するにあたって大切なのは、この2つのタイプを併用することなのです。

つまり、脱毛を抑制し、新たな発毛を促す。これが育毛の肝となる仕組みです。

ではどのようにして、脱毛を抑制すればよいのでしょうか。抜け毛を引き起こすのは、男性ホルモン「DHT」を産出する「5αリダクターゼ」ですから、これを抑制しなくてはなりません。

抑制成分として有効とされるものに、「フィナステリド」があります。これはFDA(米国の厚生労働省に当たる機関)が認定しています。

フィナステリドを含有した育毛剤は「プロペシア」で、これは飲む育毛剤です。ただし、フィナステリドにはデメリットもあり、副作用が伴う事や、使用をやめた場合にリバウンドして、服用前より抜け毛が進行してしまうことが挙げられます。

他の「5αリダクターゼ」抑制成分としては、ノコギリヤシ(ソーパルメット)があります。これは、天然成分であるため、副作用の心配がないのが利点です。また、亜鉛にも抑制効果があります。最近では、これらの成分を含む育毛シャンプーや育毛サプリメントが人気を博しています。

代表的なのは、サプリメント「5α-R」や、シャンプーの「ディグニティ」。「スカルプD」シャンプーも人気です。スカルプDにはノコギリヤシは配合されていませんが、脱毛抑制力が強いとして売上を伸ばしているようです。

育毛比較ナビ【育毛サロン・育毛剤】で薄毛の悩みを解消♪

2017年3月21日 (火)

保育士の収入は?

保育士になるまでに費やした労力や仕事のハードさから考えると、給料は決して高いとは言えません。

保育園勤務の初任給で17万円くらい、保育士全体の平均月収は20万円強で、年収にして300万円~400万円くらいです。アルバイト・パートの場合の時給の平均は900円前後になります。

公立の場合は地方公務員になるので、給与は地方自治体の給料表に従って支払いが行われます。

また、採用も、公立の施設で正規職員として働く場合は、公務員として採用されます。
東京都のある区の場合、短大卒の基本給は16万200円で、大卒の場合は16万6500円です。
私立の施設で働く場合は、経営方針や立地条件、あるいは、自治体や補助金の有無などによって様々です。

保育士の基本給は同じでも、諸手当や福利厚生などによって手取り収入は変わってきます。通勤手当、住宅手当、家族手当などがありますが、これは施設によってことなります。

保育士の待遇については、短時間勤務保育士の導入が認められたことにより、今後は、非常勤扱いやパートの保育士が増えるでしょう。

1年契約などの場合もあるので、手当や給与などについて将来の見通しが立てられないことが考えられるので、待遇面は細かくチェックした方が良いでしょう。

現在は、保養所や寮など維持費がかかる設備や施設による福利厚生は減少傾向です。

勤務時間は公立、私立ともに保護者の送迎時間を考慮して不規則なところが多く、早朝や夜間も保育しているところが少なくありません。 そのため、交代制勤務を採用していることも多いようです。

「保育士バンク」

2017年3月17日 (金)

お酢の肩こりや腰痛の緩和と美肌効果

体内で乳酸が増えるとたんぱく質と結合して、体の組織が硬くなって、肩こりが起こります。さらに、この乳酸が腰の周辺に増えると腰痛を引き起こす場合があります。

そんな時は、お酢を飲むことによって改善することができます。

お酢には、有機酸である酢酸やクエン酸が豊富に含まれておりますが、この有機酸は、乳酸が作られるのを抑えたり、分解を促進してくれたりします。

また、お酢は血中のコレステロールや中性脂肪を減らして血液をサラサラにするため、血流が良くなります。

これによって、肩や腰だけでなく、ヒザが痛いなど、体の節々の痛みにも効果があるのです。

血流が良くなることは、体のいろんなところで良い効果を発揮します。皮膚の細胞までちゃんと栄養が行き渡るため肌そのものが元気になります。

また、お酢には、肌をスベスベにしてくれるビタミンCや、肌まで栄養を運ぶ血管を若く保つビタミンEの吸収を助けてくれます。

さらに、新陳代謝が良くなると共にホルモンの分泌にも良い影響を及ぼして、生理不順の改善にも一役かってくれるのです。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪

2017年2月21日 (火)

肥満と妊活ダイエット

肥満は妊活に良くない影響を与えます。脂肪細胞の数が増えると同時に、その一つ一つの細胞に溜まる脂肪の量も増えて行きます。

そうすると、女性ホルモンのバランスが乱れて、卵巣で卵子が育ちにくくなったり、妊娠中に高血圧や糖尿病などのリスクが高くなってしまうからです。

このため、妊活中にダイエットをすることが良いと言われているのです。女性に限らず、男性も、極端な肥満は精液中の精子の数が少なくなると言われております。また、肥満に繋がる生活習慣によって、精子の質が悪くなる可能性もあります。

体脂肪率が女性は20~29%、男性は10~19%、BMI(体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)))は18.5~25が標準とされておりますが、この範囲内でないと妊娠できないという訳ではありませんが、この基準を大きく超える極度の肥満は、ホルモンバランスが乱れて不妊の原因になってしまいます。

その一方で、標準範囲を超える過度なダイエットを行うと、生殖機能が維持できなくなって、月経や排卵が乱れたり止まったりすることがあるので注意が必要です。

【妊活】情報館☆不妊に悩んでいるカップルのために♪

2017年1月18日 (水)

肝臓の働き

B型肝炎やC型肝炎など、肝臓に関する関心が高まっておりますが、この肝臓は、人間の体の中では最大の臓器で、横隔膜の下、腹部の右上に位置しており、肋骨とお腹の境目に手を入れて深呼吸すると、一部に触れることができます。

その重さは、体重の約1/50分を占め、大人の男性では1.2~1.5kg程度、大人の女性では1.0~1.3kg程度の重さがあります。

肝臓は右葉と左葉が 肝鎌状間膜によって分けられており、生命活動を行うために必要な栄養の代謝、アルコールなどの有害物質の解毒、消化を行う胆汁を作る、血液の量を調節して免疫機能を調節して体を守る働きをします。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれているように、多少肝臓に障害が起こっても自ら再生することができることから、症状がかなり進行するまで病気に気づく事が出来ないと言われております。

人の臓器の中で再生機能をもつのは肝臓だけで、例え、3/4を切除しても、元通りに再生することができるといわれております。

しかし、飲酒によるアルコールなどで慢性的に肝臓を傷め続けると、肝細胞が破壊されても修復が追いつかなくなり、この破壊された肝臓細胞が次第に硬く変質していき、それが肝硬変に繋がっていきます。

また、胆のうや膵臓にも関係があり、これら3つの臓器が1つに繋がっていて、摂取した食べ物の栄養を消化や吸収し再加工するという働きを順番に行っております。

「肝パワーEプラス」で【肝臓や血圧】の不安を解消

2017年1月17日 (火)

体温を上げて美肌になろう

あなたの日頃の体温はどれくらいですか?もし、36度未満だと、これは低体温で、健康面のもならず、美容面にも悪い状態です。
体温が低いということは、内臓温度が低いということです。内臓温度が低いと、必然的に新陳代謝も衰え、血行が悪くなりますから、内臓の働きも鈍くなってしまいます。
その結果、むくみが出たり、便秘気味になったり、汗をかかなくなったりして、身体の中に毒素が溜まって行きます。
その結果、吹き出物が出る、肌がくすむ、角質の代謝が悪くなってシミが増える、などのトラブルが続出するようになるのです。
では、体にとって理想的な体温は何度でしょうか?それは、36.5度から37度が最も健康的で免疫力が高い状態といわれております。
体温が高いと血の巡りが良くなるため、肌のツヤも良くなり、クスミやクマなどの肌トラブルも起こりにくくなるので、美肌を保つことができるのです。
体温を上げるには、お風呂につかるのが効果的です。38度~40度のお湯に、半身浴でゆっくり浸かりましょう。
十分な睡眠をとることも大切です。睡眠をとることによって体温を下げ、これによって、日中の体温を上げることができ、正しい体温のリズムを作ることができます。
また、身体の中で一番熱を生産するのは筋肉です。このため、運動によって筋肉を動かすとともに、筋トレによって筋肉をつけることも体温UPにつながります。
食べ物では、にんにく、ねぎ、生姜、根菜類などには、身体を温める作用があります。



美容青汁「ベジパワープラス」は美容と便秘解消の総合健康飲料♪

2017年1月12日 (木)

Uゾーンニキビの原因

Uゾーンは、耳の前~あご~もう片方の耳の前を結ぶU字のエリアで、20代(青年期)半ばからよく見られるのが、ここに出来るニキビです。

フェイスラインとも表現されますが、場合によっては、ニキビがU字の先端がさらに伸び、こめかみにまでおよぶ場合もあります。

Uゾーンニキビは、殆どが成人してからできることが多いため、「大人ニキビ」とも呼ばれています。 ここに出来るニキビは、成長ホルモンによりできるものではなく、いくつかの原因が複雑に関与しており、その主な原因は、ホルモンの影響と皮膚の乾燥です。

ホルモンと言っても多数ありますが、その内、ニキビと関係しているのは、「副腎皮質ホルモン」、女性の性腺ホルモンの1種である「プロゲステロン(黄体ホルモン)」、男性の精巣や女性の卵胞から分泌される「アンドロゲン(男性ホルモン)」の3種類です。

これらは全てステロイドホルモンの仲間で、ニキビの原因となることがあります。また、「プロゲステロン」は、女性の生理周期に応じて分泌量が増減し、Uゾーンに限らずニキビを増やしますが、ストレスによって増えるホルモンも、Uゾーンにニキビを増やす原因となります。

特に、男性とってUゾーンは、ヒゲが生える部分であることから、男性ホルモンの影響を強く受けやすい箇所で、これらのホルモンは毛穴の入口を硬くし、皮脂の分泌も増加させるためニキビの発生に繋がりやすくなります。

また、乾燥も皮膚の柔軟性を低下させて角質を硬くし、これが毛穴からの皮脂の排泄を妨げてしまいニキビを作ります。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!

«医療機関で行うレーザー脱毛と注意点