« 希少価値の古銭・勲章 | トップページ | 太陽光発電パネルを長く使うためには »

2015年7月31日 (金)

SEO対策のキーワード選定

どんなに素晴らしいサイトを作りこんだとしても、キーワードの選定を間違えてしまえば、商品自体も売れにくくなるだけでなく、いつまで経っても自分のサイトが検索エンジンに上位表示されないことになってしまいます。

このように、キーワードは、アフィリエイトで稼ぐための重要なポイントで、キーワード選びはアフィリエターが一番悩むところです。
サイトのタイトルだけでなく、記事のタイトルにも使いますし、選び方を間違えてしまうと、一向に上位表示がされないからです。
何故上位表示されないかといえば、これは、「ライバルサイトが強い」からです。
仮にアフィリエイトをする商品が「A脱毛器」とすると、キーワードとして「A脱毛器」そのものズバリを選んでも、これでは、販売元のサイトよりも、検索エンジン上の順位で上に行くことは出来ません。
このため、「A脱毛器」に対して、「光脱毛」とか「痛くない」という第2の検索キーワード選びが重要となります 検索エンジンで「A脱毛器」を探している顧客が「検索しそうなキーワード」をしっかりと調査しつつ、他のライバルサイトの強さなどもチェックしていく必要があるのです。
このキーワード選定をうまく行うことが出来れば、早ければ数週間のうちに上位表示も可能ですし、いったん上位表示すれば、なかなか落ちてくることもないので安定的に稼ぐことが出来ます。
また、「A脱毛器」という商品のキーワードを狙っているにも関わらず、まったく関係のない「コスメ」などの第2のキーワードで上位表示を目指しても、まったく意味がありませんので注意が必要です。
関連するキーワードで、売り上げに直結するようなキーワードを選ぶことが大切なのです。
こうしたキーワード選びのツールとして使えるのが、関連キーワード検索サイトです。
また、アフィリエイトする商品や、狙っているキーワードを探している時に、検索数を調べるのは常識です。
そもそも検索されていないようなキーワードで上位表示してもまったく意味がありません。
例えば、GoogleのGoogle AdWords キーワードプランナーを利用して、検索数をチェックするのは定番中の定番でしょう。月間検索平均ボリュームが3000件以上をひとつの目安にねらい目のキーワードを見つけて対策をするのも一つの方法でしょう。
また、FerretPLUS(フェレットプラス)は、GoogleとYahooの検索数をあわせたものを表示してくれるサイトですので、使いやすいです。サイトを登録しておけば、検索順位をメールで教えてくれます。
さらに、他の関連するキーワードを見つけてくれるツールサイトを利用して、自分では思いつかないようなキーワードをチェックしていくようにすると、ねらい目のキーワードが 徐々に浮き彫りになっていきます。
アフィリエイトをする商品は決まったけど、虫眼鏡に表示されるもの以外のキーワードが見つからない時などに使えるのが、goodkeyword連想キーワード検索 rensoYahoo!リアルタイムです。
このような流れを複数回続けていくことによって、どのようにキーワードを選んだらよいか、検索ボリュームとして何件くらいのものなら上位表示出来るのか、という目安も出来ていきます。
これに加えて、サイトを作っていく過程で得られる「アクセス解析のデータ」の蓄積も重要となります。
運営しているサイトの数が多くなると、良く検索されているお宝キーワードを手に入れる事が出来るようになります。こうしたお宝キーワードをデータとして蓄積していくことで、「A脱毛器」から「B脱毛器」にアフィリエイトする商品を移したとしても流用することが出来るようになるからです。

« 希少価値の古銭・勲章 | トップページ | 太陽光発電パネルを長く使うためには »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SEO対策のキーワード選定:

« 希少価値の古銭・勲章 | トップページ | 太陽光発電パネルを長く使うためには »

無料ブログはココログ