« 力二のはさみ脚と歩脚 | トップページ | 精力剤を通販で購入するメリット »

2015年8月19日 (水)

なぜ育毛剤が効かないの

育毛剤の効果が薄いと感じる人の共通点として、以下の3つが考えられます。

■頭皮に炎症、かぶれなどがある場合
傷んだ頭皮に髪は生えません。薄毛に悩む方の約80%の頭皮に何らかの炎症や異常が見られるとされています。頭皮に炎症やかぶれなどの症状がある場合は、まず、頭皮の状態を正常に回復させてから育毛剤を使用するようにしましょう。
また、育毛剤は程度の差こそあれ、頭皮に刺激を与えるものです。もし自分の肌に合わない育毛剤ならば、たとえ高価なものであれ、頭皮を逆に傷めてしまう可能性があります。
その場合は、即座に中止し、皮膚科の医師に相談するか、別の育毛剤に変えるようにしてください。多くの場合、無添加の育毛剤やアミノ酸系の育毛シャンプーを使うと肌にやさしく効果的です。

■身体の栄養管理ができていない場合
育毛剤は、髪に直接働きかけるというよりも、人間本来の自然な育毛機能をよりスムーズに展開させるための補助としての役割を果たそうというものです。
このため、身体に栄養が行き届いていなと、補助のしようがなく十分に育毛剤の効果が発揮できません。
正しい栄養補給こそが育毛の第一前提なのです。野菜や果物といった直接的な食事に加え、食事では補いきれない育毛の必須栄養素を網羅した必須栄養素を網羅した、育毛サプリメントを併用すると効果的です。

■継続使用6ヵ月~1年未満でやめてしまう場合
育毛剤に即効性を期待し過ぎて、我慢できずに2~3週間で育毛剤の使用をやめてしまう例が数多くあります。
しかし、育毛剤の効果は平均的に開始2~3ヶ月は見た目に変化がないか、又は進行することが普通です。
このため、まずは半年から一年間ほど、じっくりと時間をかけて育毛改善をしていく気持ちが大事です。根気強く育毛剤とつきあう覚悟が必要です。

濃密配合育毛剤「BUBKA」☆92%が発毛効果に満足!!

« 力二のはさみ脚と歩脚 | トップページ | 精力剤を通販で購入するメリット »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1934655/61234488

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ育毛剤が効かないの:

« 力二のはさみ脚と歩脚 | トップページ | 精力剤を通販で購入するメリット »

無料ブログはココログ