« 歯にはどんな役割があるの? | トップページ | 北海道の格安カニを入手するには »

2016年12月23日 (金)

京都府の蟹について

世界の観光地、京都の北部に位置する丹後半島で採れる間人蟹は、人気の高いブランド蟹として広く知られています。間人と書いて、タイザと読ませる丹後の間人蟹は間人漁港で水揚げされたズワイ蟹のことを指しますが、間人漁港は僅か4隻の小さな漁船で漁をするきわめて小規模な漁港です。

もちろん、天候の悪い日や海が荒れた日などは蟹漁そのものができないため、越前蟹や松葉蟹などに比べて間人蟹の水揚げ量は、かなり少なくなってしまいます。それが幻しの蟹といわれる所以にもなり、結果的に間人蟹の人気を高めることにも繋がっています。間人蟹の大きな特徴は蟹漁の方法にあります。

間人港の漁師さんは、港からそう遠くない地点で日帰りの底引き漁を行います。つまり、蟹を採ってから水揚げされるまでの時間が極端に短いために、より鮮度の高いものをお客様に提供できるという大きなメリットがあるのです。

さらに、競りの途中でも鮮度の落ちた蟹があれば直ぐに回収するなど、常に徹底した品質管理を行っているのです。一度、間人蟹を食べたら他の蟹はとても食べられないと言われるほど消費者の評価が高いのも充分に頷くことができます。

また、丹後半島には国道沿いに多くの土産物屋や食事処が軒を連ねています。それぞれのお店には、採れたての間人蟹に舌鼓を打ったり、質のよい間人蟹を買い求める観光客が列をなしています。貴方にもぜひ一度、丹後半島の幻しの蟹の味を試していただくことをお奨めしたいと思います。

カニ通販サイト比較

« 歯にはどんな役割があるの? | トップページ | 北海道の格安カニを入手するには »

食品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1934655/68954286

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府の蟹について:

« 歯にはどんな役割があるの? | トップページ | 北海道の格安カニを入手するには »

無料ブログはココログ