« 家庭用脱毛器のデメリット | トップページ | 中学生以下の子役の労働環境 »

2017年7月24日 (月)

男の子の産み分け

男の子の産み分けにチャレンジする日が、排卵日であるため、排卵日を予測する事が最も大切になります。

基礎体温やその他の方法で排卵日を特定できるようになるには、最低3ヶ月の期間が必要になります。

排卵予測日に男の子の産み分けチャレンジをするのは、Y精子の寿命が1日と短いためと、Y精子とX精子を比較した場合、スピードが速く量の多いY精子の方が有利なためです。

女の子の産み分けが排卵日2日前なのに対し、男の子は当日で良いため、男の子の産み分けは、女の子よりも行いやすいといえます。

しかし、Y精子とX精子が同時に卵子への競争を始めるため、いくら量やスピードで有利なY精子でも、絶対に勝つとは言い切れません。このため、Y精子が有利な状態を、出来る限り用意する必要があります。

男の子のY精子はX精子に比べ、量が多くスピードが速いですが、寿命が短く、酸性に弱いのも特徴ため、精子の量は出来るだけ多い方がY精子に有利となります。

基礎体温から排卵日を予測したら、精子の量を調整するために、排卵日前4~5日間は、男性は禁欲しましょう。かといって、あまり多すぎるのも良くないと言われているので、5~6日前に1度行いましょう。

ハローベビー潤滑ゼリーで男女産み分け♪

« 家庭用脱毛器のデメリット | トップページ | 中学生以下の子役の労働環境 »

妊活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1934655/71226738

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子の産み分け:

« 家庭用脱毛器のデメリット | トップページ | 中学生以下の子役の労働環境 »

無料ブログはココログ