« 中学生以下の子役の労働環境 | トップページ | 脱毛エステの体験コースを活用しよう »

2017年9月 5日 (火)

オリゴ糖の健康効果

オリゴ糖は善玉菌のエサになり、善玉菌が活動しやすい環境作りに貢献することによって、健康のため様々に効果をもたらします。

■便秘の改善
オリゴ糖を食べた善玉菌は、乳酸や酢酸を生成して腸内を酸性に変化させます。これによって、酸に弱い悪玉菌の勢力が衰え、日和見菌が善玉菌の味方に加勢して、酪酸などの酸性物質を生成するようになります。
こりによって、腸壁が刺激され、腸の蠕動運動が活発になり、腸の運動によって便秘が解消されるのです。

■大腸ガンや直腸ガンの予防
大腸ガンや直腸ガンの原因となっているのが、悪玉菌が生成する腐敗物質です。
オリゴ糖は、善玉菌優位の腸内環境を作りあげ、ガンの原因となる腐敗物質の生成を抑制します。

■生活習慣病の予防・改善
心臓病や糖尿病など生活習慣病の大きな原因となっているのが、メタボリックシンドロームです。これによって、血糖値の上昇が体脂肪の増加を促し、体脂肪の増加が血糖値を引き上げるという負のスパイラルが引き起こされてしまいます。
生活習慣病を予防・改善するためには、血糖値の上昇を抑制する必要があります。
オリゴ糖は、胃や腸で消化吸収されないため、摂取しても血糖値が急上昇しないため、血糖値を上昇させる砂糖をオリゴ糖に置き換える事によって、生活習慣病を予防・改善する事ができるのです。

■虫歯の予防
元々、オリゴ糖は虫歯を作りにくくするための甘味料として開発されたものです。オリゴ糖の一種であるパラチノースは、虫歯を作らない甘味料として消費者庁からトクホの表示が許可されております。

■免疫力の向上
腸には、体全体の6割の免疫細胞が腸内に集結していることから、人体で最大の免疫器官とも言われており、腸内環境の悪化は免疫力にも大きなダメージとなります。
また、ビフィズス菌自体にも、免疫力を高める作用があると言われております。
オリゴ糖を摂取する事で、腸内にビフィズス菌が増え、その結果として免疫力が向上します。また、善玉菌が優勢の腸内では、免疫の調整もバランスよくなります。
このため、免疫が異常反応を起こすことによって発症する花粉症などのアレルギー症状を改善する効果も期待できます。
「121種類の酵素と乳酸菌」は【スッキリ体質】をサポートします♪

« 中学生以下の子役の労働環境 | トップページ | 脱毛エステの体験コースを活用しよう »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1934655/71618362

この記事へのトラックバック一覧です: オリゴ糖の健康効果:

« 中学生以下の子役の労働環境 | トップページ | 脱毛エステの体験コースを活用しよう »