« 腸と乳酸菌との関係 | トップページ | お見合いパーティーでは『字』も大切です »

2017年12月12日 (火)

結婚相談所に登録しているのはどんな人

結婚相談所に登録している人は、職業や年収などがしっかりしている30代~40代のアラフォー世代が多い傾向にあるそうです。

結婚相談所を利用して婚活をするのは、アラフォー世代が多いということは、アラフォー世代の相手を見つけやすいということになります

。 男女比は、全国的には、ほぼ半々ですが、福岡や札幌などの地方では、女性の登録者数が多いところもあるようです。

地域別に見ると、関東圏での登録者が圧倒的に多いようです。これは、地方との人口比率の割合で考えると、関東が多いのは当然のことかもしれませんね。

また、関東圏と地方では、婚活や結婚相談所に対する意識やイメージが違うのも影響しているかもしれません。地方によっては、結婚相談所を利用するのは世間体が悪いという意識もあるようです。

収入別に見ると、男性は、年収300~500万が大半で、次が500~700万、そして、700万以上と続きます。

日本のサラリーマンの平均年収は400万円程度ですから、平均かそれ以上の男性が登録しているようです。一方、女性は年収300万以下の割合が多いようです。

結婚相談所に登録している人は、ほとんど未婚ですが、アラフォー世代の30代、40代に限定すると、10~20%程度に離婚歴があるそうです。

職業別では、男性では、80%近くが会社員で、公務員、自営業と続きます。女性では会社員が60%、専門職、その他と続きます。

このように、結婚相談所に登録している人の内、男性はアラフォー世代が主体で、職業、収入がしっかり安定している人が多く、女性でも、ある程度の収入があり、しっかりとしている人が登録している傾向にあるようです。

結婚相談所「パートナーエージェント」

« 腸と乳酸菌との関係 | トップページ | お見合いパーティーでは『字』も大切です »

婚活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚相談所に登録しているのはどんな人:

« 腸と乳酸菌との関係 | トップページ | お見合いパーティーでは『字』も大切です »