« 幼児期における家庭での教育 | トップページ | 中堅看護師の転職 »

2019年4月16日 (火)

AGAによる抜け毛の原因と特徴

AGA(Androgenetic Alopecia)すなわち、「男性型脱毛症」は、成人男性に多くみられる脱毛症です。

日本では、1000万人以上の人が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。

AGAは、なにも男性だけに発生するのではなく、女性にも起こります。しかし、女性の場合は、男性のように局部的に脱毛することはほとんどなく、全体的に薄毛になっていくのが特徴です。

また、一般的に、AGAは30~50代の男性にみられる症状ですが、最近では、20代の若い世代にも増えてきております。

AGAは進行性があるため、これを放置していると、ゆっくりと髪の毛の数が減り続けていき、抜け毛や薄毛が徐々に目立つようになります。

それでも、AGAによる薄毛は、うぶ毛は残っているため、毛包が存在している限りは、上手く手当すれば、髪の毛は太く長く育つ可能性があるため、決してあきらめる必要はありません。

AGAには、遺伝や環境的な種々の要素が関わっていいますが、リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特に、ジヒドロテストステロンがあります。

男性ホルモンは、胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また、男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つと考えられております。

「フィンジア」は【キャピキシル・ピディオキシジル】配合の育毛剤♪

« 幼児期における家庭での教育 | トップページ | 中堅看護師の転職 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幼児期における家庭での教育 | トップページ | 中堅看護師の転職 »

無料ブログはココログ