« スーツケース選びのポイント | トップページ | 水素水サーバーの水素水生成方法 »

2019年8月29日 (木)

踏み台昇降ダイエット

ダイエットには運動が大切です。そのためには、ウォーキングをする、ジョギングをする、あるいは、水泳をすることも効果的です。


でも、ウォーキングやジョギングは天候に左右されますし、夏の暑い日、冬の寒い日も続けるのは中々大変なことです。また、水泳はプールに行かないとできません。

その点、踏み台を使ってダイエットするのは、季節に関係なく、天候にも左右されることなく、室内でテレビを観ながら、あるいは好きな音楽を聴きながら、どんな服装でも、いつでも気軽にできます。

しかも、踏み台は、何もお金を出して買わなくても、自分で作ることだって出来ますし、日常生活で使っている踏み台を利用することだって出来ます。

一番簡単な踏み台は、雑誌や電話帳を重ねて作ることです。最初は、5cmぐらいの低いものから始めて、徐々に高くしていくのも良いでしょう。

ただ、不安定にならないよう、積み重ねたものはガムテープなどでしっかりと固定し、滑らないようゴムのシートを敷くなどの安全対策が必要です。

踏み台が出来たら、あとは昇り降りするだけです。軽く背筋を伸ばし、左右均等に行います。

背筋が曲がっていると、膝や腰に負担をかけてしまいますので、軽く背筋を伸ばして行いましょう。

また、昇る回数は、右足、左足同じ回数にしましょう。最初、50回右足から昇ったら、次の50回は左足から昇るようにします。

台が高すぎたり、昇り降り魔スピードを速くしすぎたりすると、体内の酸素が不足して無酸素運動になってしまいます。

これは、筋肉を鍛えるには効果的ですが、 脂肪を燃やすには効果的ではありません。あまり激しくやりすぎないで有酸素運動をするようにしましょう。

軽くハァハァ言うぐらいでも普通に会話ができる程度や、軽く汗をかく程度であれば、有酸素運動になります。

有酸素運動は開始20分後ぐらいから、効果が上がってくるといわれていますから、最初は5分くらいから始め、慣れて来ると、時間を延ばして30分~1時間程度するのがベストです。

いきなり長時間やっても、続かなければ意味がありませんから、徐々に体になじませていく方が長続きします。

これが毎日続かないようでは、ダイエットなんてまず無理ですから、まずは1日5分から始めましょう。

なかには、膝や腰が痛くなる人もいるかもしれません。その時は、休んだり、台の高さを低くしたりするなどして負荷を軽減して様子を見ましょう。

「コレスリム」は燃えるだけで終わらないダイエット♪

« スーツケース選びのポイント | トップページ | 水素水サーバーの水素水生成方法 »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーツケース選びのポイント | トップページ | 水素水サーバーの水素水生成方法 »