美容・コスメ

2017年11月 9日 (木)

症状や部位に応じるスキンケアの方法

■紫外線を浴びると、日焼けが起きメラニンの生成も促進することによって肌が黒くなります。そして、このメラニンが作られ続けるとシミ・ソバカスになってしまいます。

紫外線対策をすることで、シミ・ソバカスを防ぐことができます。外出する時は、つばの広い帽子をかぶり、日傘を指して肌を紫外線から守りましょう。また、紫外線防止効果のある薬用化粧品や日焼け止めで手入れをすることも大切です。

■肌がしっかり潤ってキメが整っていると、肌の透明度が高く光が肌の中まで入りますが、肌が乾燥したりキメが乱れたりすると、肌は透明度を失ってくすんで見えます。
このくすみ感を無くするには、保湿ケアや紫外線対策に加え、かるく力を入れないで、肌の上をなでる感じのマッサージを行うと、血行が良くなり改善されます。このマッサージは継続して行う事が大切です。

■肌のハリは、紫外線や乾燥などの影響を大きく受けやすく、特に、肌が薄い目もとや口もとはハリがなくなりやすい箇所です。
これも、紫外線の影響が大きいので、外出する際は、肌に直接陽が当たらない様に日傘や帽子をかぶり、紫外線防止の入った化粧品の使用をお薦めします。
また、肌の保湿を高める事も大事ですので、保湿効果の高い化粧品を使って保湿につとめ肌にハリを与えましょう。

■ニキビは、過剰な皮脂と毛穴周辺の角片や細菌などが原因で出来る炎症ですが、男性ホルモンにも影響されます。
男性ホルモンは、男性に限らず女性にも分泌されるもので、この分泌が多くなると皮脂が多くなり、皮脂が毛穴に詰まって角片と混じり合い毛穴を詰まらせます。
ニキビ予防の基本は洗顔です。こまめな洗顔でお肌を清潔に保ち、毛穴の奥までキレイにします。また、つぶしたり、いじったりしないで化粧も控え、余分な刺激を与えないことです。

■アイゾーンの肌の厚さは、頬の半分しかないため水分が蒸発しやすく潤いが不足がちです。また、まばたきなど筋肉が常に動いております。肌を洗顔により清潔に保ち、保湿を高め、乾燥や紫外線から守りましょう。

■リップの皮膚は角層が非常に薄く、皮脂腺や汗腺がないため皮脂膜は形成されず、保湿バリア効果が低いため、乾燥しやすく敏感な部位です。また、飲食や会話などで唇が擦りあわされて荒れやすくなっています。
こまめにリップクリームを使用して唇に潤いを与えて保護することで乾燥から守る必要があります。



「アイキララ」で【目の下のクスミやクマ】を根本解決♪

2017年9月27日 (水)

脱毛エステの体験コースを活用しよう

脱毛エステのお店もいろいろありますが、この中から選ぶ際は、やはり、施術の費用がわかりやすく表示されていることがとても大事なポイントとなります。

また、受けた施術がどれほどの効果があるのか、施術後のアフターケアにつても明確にさているかについても大事なことです。

そして、体験コースなどのサービスを受けて、そのサロンの雰囲気もしっかりと確認することも必要です。このため、気になるいくつかのお店の体験コースを受けて、一番気に入ったと納得できたとサロンを選ぶのが一番失敗の少ない選び方でしょう。

脱毛エステによっては、アトピーを持っていると施術を受けられなかったり、医師の同意書を提出するよう要請されたりすることもあります。

しかし、誰がみても、一目でアトピーだとわかるくらいに肌が荒れていたり、湿疹や炎症などがあったりすると、施術を受けることはできません。

もし、ステロイドを使用している場合だと、腫れ、痒み、赤みなど、その程度は様々ですが、炎症を起こす例がありますので、注意が必要です。

キレイモ(KIREIMO)は【全身脱毛専門】の低価格脱毛サロンです。

2017年6月26日 (月)

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器は、脱毛サロンに通う必要がなく自宅で手軽に脱毛できることから、経済的にも優しく、また、手間暇もされほど掛からないことから人気がありますが、脱毛サロンと比較すると、必ずしも、良いことづくめとは言い難い面もあります。

その第一は、脱毛効果が薄いことでしょう。脱毛サロンで使用されるのも光脱毛器ですが、同じ光脱毛器とは言っても、やはり、素人が使えるようにした家庭用ですので、トラブルのないよう出力は弱くしてあります。このため、毛質の濃い部分には効果が薄いこともしばしばあります。

また、光の出力が弱いために、脱毛効果を実感するまでの時間がかかりますので、すぐにでも脱毛したいという人には向いていないでしょう。

さらに、家庭用脱毛器は本体だけでは脱毛できません。一定レベルまで使用したら、効果を持続させるためカートリッジを交換する必要があり、処理が長引くと、それだけ、カートリッジ代も余分にかかってしまいます。

自己処理が基本なため、背中などは自分で処理が難しくなります。このため、家族に手伝ってもらう必要があります。

そして、脱毛効果が薄い、あるいは、肌にトラブルが発生した場合は、機器の故障等でもない限り、基本的には購入した本人の自己責任となります。このため。信頼できるメーカーの製品を購入することが大切です。

家庭用脱毛器「レイボーテグランデ」でサロン並みの脱毛+美肌効果

2017年5月16日 (火)

ニキビに良い食材

ニキビができる原因の大半が過剰は皮脂の分泌なので、この多すぎる皮脂の材料になる糖分や油分を控える必要があります。 他にも皮脂を押さえるビタミンB郡の摂取、免疫力を高めるビタミンA、皮膚の再生を促す亜鉛などが含まれる食材はニキビに良いです。

■ビタミンAを含む食材は、レバー、ニンジン、春菊、うなぎ、かぼちゃ

■ビタミンB2を含む食材は、レバー、アーモンド、納豆、カマンベールチーズ、 まいたけ、卵

■ビタミンB6を含む食材は、マグロの赤身、レバー、かつお、鶏ひき肉・ささ身、 さんま、サバ、バナナ

■ビタミンCを含む食材は、赤・黄ピーマン、菜の花、ブロッコリー、 レモン等の柑橘類、柿、キウイ、イチゴ、ほうれん草

■ビタミンEを含む食材は、アーモンドなどのナッツ類、すじこ、たらこ、 モロヘイヤ、かぼちゃ、シーチキン

■亜鉛を含む食材は、小麦胚芽、牡蠣、パルメザンチーズ、煮干、豚レバー、 たらばがに、牛肉

■コラーゲンを含む食材は、牛すじ、鶏皮、うなぎ、軟骨、カレイ、さざえ

基本的に食事は洋食よりも脂肪分の少ない和食がオススメです。食事の合い間のおやつなどの間食もなるべく控え、油分の多いファーストフード、スナック類、糖分の多いお菓子類もニキビの原因になります。



「パルクレールジェル」で【あごニキビ&背中ニキビ】対策♪

2017年1月17日 (火)

体温を上げて美肌になろう

あなたの日頃の体温はどれくらいですか?もし、36度未満だと、これは低体温で、健康面のもならず、美容面にも悪い状態です。
体温が低いということは、内臓温度が低いということです。内臓温度が低いと、必然的に新陳代謝も衰え、血行が悪くなりますから、内臓の働きも鈍くなってしまいます。
その結果、むくみが出たり、便秘気味になったり、汗をかかなくなったりして、身体の中に毒素が溜まって行きます。
その結果、吹き出物が出る、肌がくすむ、角質の代謝が悪くなってシミが増える、などのトラブルが続出するようになるのです。
では、体にとって理想的な体温は何度でしょうか?それは、36.5度から37度が最も健康的で免疫力が高い状態といわれております。
体温が高いと血の巡りが良くなるため、肌のツヤも良くなり、クスミやクマなどの肌トラブルも起こりにくくなるので、美肌を保つことができるのです。
体温を上げるには、お風呂につかるのが効果的です。38度~40度のお湯に、半身浴でゆっくり浸かりましょう。
十分な睡眠をとることも大切です。睡眠をとることによって体温を下げ、これによって、日中の体温を上げることができ、正しい体温のリズムを作ることができます。
また、身体の中で一番熱を生産するのは筋肉です。このため、運動によって筋肉を動かすとともに、筋トレによって筋肉をつけることも体温UPにつながります。
食べ物では、にんにく、ねぎ、生姜、根菜類などには、身体を温める作用があります。



美容青汁「ベジパワープラス」は美容と便秘解消の総合健康飲料♪

2017年1月12日 (木)

Uゾーンニキビの原因

Uゾーンは、耳の前~あご~もう片方の耳の前を結ぶU字のエリアで、20代(青年期)半ばからよく見られるのが、ここに出来るニキビです。

フェイスラインとも表現されますが、場合によっては、ニキビがU字の先端がさらに伸び、こめかみにまでおよぶ場合もあります。

Uゾーンニキビは、殆どが成人してからできることが多いため、「大人ニキビ」とも呼ばれています。 ここに出来るニキビは、成長ホルモンによりできるものではなく、いくつかの原因が複雑に関与しており、その主な原因は、ホルモンの影響と皮膚の乾燥です。

ホルモンと言っても多数ありますが、その内、ニキビと関係しているのは、「副腎皮質ホルモン」、女性の性腺ホルモンの1種である「プロゲステロン(黄体ホルモン)」、男性の精巣や女性の卵胞から分泌される「アンドロゲン(男性ホルモン)」の3種類です。

これらは全てステロイドホルモンの仲間で、ニキビの原因となることがあります。また、「プロゲステロン」は、女性の生理周期に応じて分泌量が増減し、Uゾーンに限らずニキビを増やしますが、ストレスによって増えるホルモンも、Uゾーンにニキビを増やす原因となります。

特に、男性とってUゾーンは、ヒゲが生える部分であることから、男性ホルモンの影響を強く受けやすい箇所で、これらのホルモンは毛穴の入口を硬くし、皮脂の分泌も増加させるためニキビの発生に繋がりやすくなります。

また、乾燥も皮膚の柔軟性を低下させて角質を硬くし、これが毛穴からの皮脂の排泄を妨げてしまいニキビを作ります。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!

2016年5月30日 (月)

エステサロンで出来ること

美容だけでなく、体にまつわるどんな悩みやコンプレックスにも解決に向けて対処してくれるのが、エステサロンの最大の特徴です。

一般的に知られているのは、美顔、痩身、脱毛などのメニューですが、実際は、それこそ頭の先から足の先まで全身の施術が可能で、用途や目的によって施術の内容も様々用意されております。

最もポピュラーでエステサロンにおける王道のメニューと言えば美顔ですが、これ一つとっても、フェイシャルマッサージ、美白トリートメント、美肌、小顔、リフトアップなど実に細かいコースが用意されているのです。

この他にも、豊胸やリフトアップなどを含む、バストケア、デトックス、リフレクソロジー、ヘッドマッサージ、足ツボなどの施術もエステサロンで受けることができます。

また、サロンによっては、ネイル、ヘアケア、メイクアップなどのメニューや、リラクゼーションなども人気が高く、心身ともにリラックスしたいときに多く利用されております。

マッサージや専用の器具を使用した美容効果に加え、トータルサポートをしてもらえるのも、エステサロンの魅力のひとつと言えるでしょう。

また、スタッフは美容のプロが揃っておりますので、施術だけでなく美容に関する知識やアドバイスを得られることも大きなメリットでしょう。

「エステティック ミスパリ」は【有資格者】による高品質のエステサービスを提供♪

2016年4月12日 (火)

ブラジリアンワックス脱毛の効果は

デリケートゾーンのお手入れ、みなさんはどうしていますか?ワキや手足のお手入れはもちろんという方でもデリケートゾーンは大丈夫ですか?自分には見えないところだからこそ、気をつけてください。デリケートゾーンのお手入れは、女性として当然の身だしなみです。
ブラジリアンワックスとは、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛のことをいい、ビキニラインとその周辺のデリケートゾーンに行います。
ワックス脱毛の手軽さや仕上がりの美しさから、カミソリで処置するよりもワックス脱毛が多く用いられています。
ワックス脱毛は手軽で安全です。レーザーではとれない薄い毛や粘膜部分の毛も除去できます。また、毛根から処理するので生えてくる周期が遅く、毛先もチクチクしません。
ブラジリアンワックスでの脱毛は、痛みと肌への負担がかかるイメージがありますが、古い角質も一緒に剥がすことができるので、スベスベになります。
しかし、一時的な脱毛になるので、ある程度の時間が経てばまた生えてきますが、Iラインの毛をきれいに無くしてしまいたい、痛みとかが嫌と思うのであれば、クリニックやエステなどで、きちんと脱毛をするのが良いと思います。そのほうが、安心ですし安全です。


「シェリークリア」でVIO脱毛

2016年4月 8日 (金)

石鹸の選び方

洗顔石鹸は、ただ洗顔できればいいと思っていませんか。たしかに、洗顔石鹸にはたくさんの種類があって、自分に本当に合うものかどうか判断しにくいこともあり、結局は、適当に選んでしまうことも多いものです。
たしかに、洗顔石鹸は、実際に使ってみてその効果を見てみないと判らないとは言え、肌の中でも繊細な顔の皮膚を洗うものであるため、肌質や求める効能など、人によって合う石鹸のタイプは異なります。
洗顔石鹸を選ぶポイントを把握して、自分にピッタリの石鹸を見つけましょう!
■ 肌質を知る
肌は、体調、肌年齢、季節などからも多くの影響を受けるため、大変繊細と言えます。自分の肌が現在どういう状態なのかをチェックしながら肌の管理を行い、常に自分の肌質とコンディションを知っておく必要があります。
■ 洗浄力をチェック
洗顔石鹸の洗浄力は、肌トラブルと直結しています。自分の肌質に合わない洗浄力の強いものを使ってしまうと、必要な角質層の表面にある皮脂膜や内部の脂質まで洗い流してしまいます。
洗浄力の強い洗顔料を使い続けることで、肌に必要な成分が剥がされてしまい、肌へ悪影響を及ぼしてしまいます。適切な洗浄力 は、日々使う洗顔石鹸にとってとても大切なポイントです。
■配合成分に注目
洗顔石鹸など「化粧品扱い」とされる石鹸は、薬事法により、全成分の表示義務があります。配合されている成分をよく確認することで、肌への良し悪しが判断できます。
特に、合成界面活性剤の有無や添加物について確認しましょう。

どろあわわ【どろ豆乳石鹸】で、毛穴するん♪お肌するん♪

2016年1月 7日 (木)

なぜ洗顔するの?

朝起きてから寝るまで、色んな場面で洗顔しますが、なぜこのように洗顔するのでしょうか。私たちの肌は、汗や皮脂を排出して体温調節を行います。また、体内の水分を保持する機能や、外部からの異物をシャットアウトする機能など、実に様々な働きを担っています。
こうした肌本来の機能を保つために必要なのが、肌の新陳代謝「ターンオーバー」と呼ばれるものなのです。この皮膚は常に新しく再生され、すべての肌細胞が新しく生まれ変わる周期は約4~6週間だとされています。
この期間に、肌は古くなった角質(垢)を適度に落としながら、自らの力でゆっくりと細胞分裂を繰り返し生まれ変わるのです。
しかし、こうした優れた機能を持つ肌にも、ひとつだけ自分ではできないウィークポイントがあります。それは、汚れを取ることです。
洗顔を怠ったり、誤ったケアが原因で古い角質をうまく落とすことができなくなると、毛穴が詰まってくすみやシミ、にきび跡、肌荒れなどの肌トラブルや老化を引き起こします。 さらに、肌が硬くなり、せっかくの化粧水や乳液も肌に浸透しにくくなってしまうのです。
ターンオーバーを正常にし、美肌をつくる第一歩はまず「正しい洗顔」が必要なのです。 汚れをしっかり落として、基礎化粧品がしみこみやすい肌作りをすることが、美肌への近道だと言えるでしょう。


「VCOマイルドソープ」でシミ・しわ・ニキビ撃退