美容・コスメ

2017年5月16日 (火)

ニキビに良い食材

ニキビができる原因の大半が過剰は皮脂の分泌なので、この多すぎる皮脂の材料になる糖分や油分を控える必要があります。 他にも皮脂を押さえるビタミンB郡の摂取、免疫力を高めるビタミンA、皮膚の再生を促す亜鉛などが含まれる食材はニキビに良いです。

■ビタミンAを含む食材は、レバー、ニンジン、春菊、うなぎ、かぼちゃ

■ビタミンB2を含む食材は、レバー、アーモンド、納豆、カマンベールチーズ、 まいたけ、卵

■ビタミンB6を含む食材は、マグロの赤身、レバー、かつお、鶏ひき肉・ささ身、 さんま、サバ、バナナ

■ビタミンCを含む食材は、赤・黄ピーマン、菜の花、ブロッコリー、 レモン等の柑橘類、柿、キウイ、イチゴ、ほうれん草

■ビタミンEを含む食材は、アーモンドなどのナッツ類、すじこ、たらこ、 モロヘイヤ、かぼちゃ、シーチキン

■亜鉛を含む食材は、小麦胚芽、牡蠣、パルメザンチーズ、煮干、豚レバー、 たらばがに、牛肉

■コラーゲンを含む食材は、牛すじ、鶏皮、うなぎ、軟骨、カレイ、さざえ

基本的に食事は洋食よりも脂肪分の少ない和食がオススメです。食事の合い間のおやつなどの間食もなるべく控え、油分の多いファーストフード、スナック類、糖分の多いお菓子類もニキビの原因になります。



「パルクレールジェル」で【あごニキビ&背中ニキビ】対策♪

2017年1月17日 (火)

体温を上げて美肌になろう

あなたの日頃の体温はどれくらいですか?もし、36度未満だと、これは低体温で、健康面のもならず、美容面にも悪い状態です。
体温が低いということは、内臓温度が低いということです。内臓温度が低いと、必然的に新陳代謝も衰え、血行が悪くなりますから、内臓の働きも鈍くなってしまいます。
その結果、むくみが出たり、便秘気味になったり、汗をかかなくなったりして、身体の中に毒素が溜まって行きます。
その結果、吹き出物が出る、肌がくすむ、角質の代謝が悪くなってシミが増える、などのトラブルが続出するようになるのです。
では、体にとって理想的な体温は何度でしょうか?それは、36.5度から37度が最も健康的で免疫力が高い状態といわれております。
体温が高いと血の巡りが良くなるため、肌のツヤも良くなり、クスミやクマなどの肌トラブルも起こりにくくなるので、美肌を保つことができるのです。
体温を上げるには、お風呂につかるのが効果的です。38度~40度のお湯に、半身浴でゆっくり浸かりましょう。
十分な睡眠をとることも大切です。睡眠をとることによって体温を下げ、これによって、日中の体温を上げることができ、正しい体温のリズムを作ることができます。
また、身体の中で一番熱を生産するのは筋肉です。このため、運動によって筋肉を動かすとともに、筋トレによって筋肉をつけることも体温UPにつながります。
食べ物では、にんにく、ねぎ、生姜、根菜類などには、身体を温める作用があります。



美容青汁「ベジパワープラス」は美容と便秘解消の総合健康飲料♪

2017年1月12日 (木)

Uゾーンニキビの原因

Uゾーンは、耳の前~あご~もう片方の耳の前を結ぶU字のエリアで、20代(青年期)半ばからよく見られるのが、ここに出来るニキビです。

フェイスラインとも表現されますが、場合によっては、ニキビがU字の先端がさらに伸び、こめかみにまでおよぶ場合もあります。

Uゾーンニキビは、殆どが成人してからできることが多いため、「大人ニキビ」とも呼ばれています。 ここに出来るニキビは、成長ホルモンによりできるものではなく、いくつかの原因が複雑に関与しており、その主な原因は、ホルモンの影響と皮膚の乾燥です。

ホルモンと言っても多数ありますが、その内、ニキビと関係しているのは、「副腎皮質ホルモン」、女性の性腺ホルモンの1種である「プロゲステロン(黄体ホルモン)」、男性の精巣や女性の卵胞から分泌される「アンドロゲン(男性ホルモン)」の3種類です。

これらは全てステロイドホルモンの仲間で、ニキビの原因となることがあります。また、「プロゲステロン」は、女性の生理周期に応じて分泌量が増減し、Uゾーンに限らずニキビを増やしますが、ストレスによって増えるホルモンも、Uゾーンにニキビを増やす原因となります。

特に、男性とってUゾーンは、ヒゲが生える部分であることから、男性ホルモンの影響を強く受けやすい箇所で、これらのホルモンは毛穴の入口を硬くし、皮脂の分泌も増加させるためニキビの発生に繋がりやすくなります。

また、乾燥も皮膚の柔軟性を低下させて角質を硬くし、これが毛穴からの皮脂の排泄を妨げてしまいニキビを作ります。

リプロスキンで【ニキビ痕】を赤ちゃんのような美肌に!!

2016年5月30日 (月)

エステサロンで出来ること

美容だけでなく、体にまつわるどんな悩みやコンプレックスにも解決に向けて対処してくれるのが、エステサロンの最大の特徴です。

一般的に知られているのは、美顔、痩身、脱毛などのメニューですが、実際は、それこそ頭の先から足の先まで全身の施術が可能で、用途や目的によって施術の内容も様々用意されております。

最もポピュラーでエステサロンにおける王道のメニューと言えば美顔ですが、これ一つとっても、フェイシャルマッサージ、美白トリートメント、美肌、小顔、リフトアップなど実に細かいコースが用意されているのです。

この他にも、豊胸やリフトアップなどを含む、バストケア、デトックス、リフレクソロジー、ヘッドマッサージ、足ツボなどの施術もエステサロンで受けることができます。

また、サロンによっては、ネイル、ヘアケア、メイクアップなどのメニューや、リラクゼーションなども人気が高く、心身ともにリラックスしたいときに多く利用されております。

マッサージや専用の器具を使用した美容効果に加え、トータルサポートをしてもらえるのも、エステサロンの魅力のひとつと言えるでしょう。

また、スタッフは美容のプロが揃っておりますので、施術だけでなく美容に関する知識やアドバイスを得られることも大きなメリットでしょう。

「エステティック ミスパリ」は【有資格者】による高品質のエステサービスを提供♪

2016年5月25日 (水)

永久脱毛の値段と必要期間は?

永久脱毛とは、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下の状態を言うそうですが、それが出来るのは、医師免許を持った医師(看護師も含む)が医療機関でのみが行えると法律で定められているため、家庭用脱毛器や脱毛サロンでは永久脱毛をすることは出来ません。

このため、どの程度のお金と期間がかかるかを単純に比較することは出来ませんが、毛か生えにくい状態に脱毛することを永久脱毛であると仮定して比較すると、全身脱毛の一般的な相場としては、脱毛クリニックでは、50万円以上で脱毛期間は1年半、脱毛サロンでは、30万円以上で、脱毛期間3年~5年程度、家庭用脱毛器は、7万円前後で、脱毛期間は1年前後となります。

当然のことながら、永久脱毛の程度や何処まで脱毛するかによっても異なりますが、注目すべきは、値段もさることながら、脱毛に要する期間です。

これによると、脱毛サロンの方が、圧倒的に期間が長いことがわかります。3年以上も同じサロンに通い続けるには、かなりの労力と根気が必要となります。

脱毛サロンの期間が長くなるのは、出力の弱い脱毛器を使っているのにも関わらず、脱毛クリニック並みに脱毛の間隔を空けるからです。

一方、家庭用脱毛器であれば、自分のペースで脱毛ができるので、わざわざ通う必要がなく、脱毛サロンの1/3の期間で、しかも、コストは1/4以下ですみます。

また、脱毛サロンの脱毛も、真の意味での永久脱毛ではないため、いつかは、毛が生えて来る可能性があります。そうすると、また、お金と手間暇かけて脱毛しなければなりません。

これに対して、家庭用脱毛器であれば、また脱毛すれば良いだけですので、追加費用が発生することもありません。脱毛するなら、こうした費用や労力も考える必要があるのです。

「トリアパーソナルレーザー脱毛器4x」は唯一【FDA認可】の家庭用脱毛器です♪

2016年4月12日 (火)

ブラジリアンワックス脱毛の効果は

デリケートゾーンのお手入れ、みなさんはどうしていますか?ワキや手足のお手入れはもちろんという方でもデリケートゾーンは大丈夫ですか?自分には見えないところだからこそ、気をつけてください。デリケートゾーンのお手入れは、女性として当然の身だしなみです。
ブラジリアンワックスとは、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛のことをいい、ビキニラインとその周辺のデリケートゾーンに行います。
ワックス脱毛の手軽さや仕上がりの美しさから、カミソリで処置するよりもワックス脱毛が多く用いられています。
ワックス脱毛は手軽で安全です。レーザーではとれない薄い毛や粘膜部分の毛も除去できます。また、毛根から処理するので生えてくる周期が遅く、毛先もチクチクしません。
ブラジリアンワックスでの脱毛は、痛みと肌への負担がかかるイメージがありますが、古い角質も一緒に剥がすことができるので、スベスベになります。
しかし、一時的な脱毛になるので、ある程度の時間が経てばまた生えてきますが、Iラインの毛をきれいに無くしてしまいたい、痛みとかが嫌と思うのであれば、クリニックやエステなどで、きちんと脱毛をするのが良いと思います。そのほうが、安心ですし安全です。


「シェリークリア」でVIO脱毛

2016年4月 8日 (金)

石鹸の選び方

洗顔石鹸は、ただ洗顔できればいいと思っていませんか。たしかに、洗顔石鹸にはたくさんの種類があって、自分に本当に合うものかどうか判断しにくいこともあり、結局は、適当に選んでしまうことも多いものです。
たしかに、洗顔石鹸は、実際に使ってみてその効果を見てみないと判らないとは言え、肌の中でも繊細な顔の皮膚を洗うものであるため、肌質や求める効能など、人によって合う石鹸のタイプは異なります。
洗顔石鹸を選ぶポイントを把握して、自分にピッタリの石鹸を見つけましょう!
■ 肌質を知る
肌は、体調、肌年齢、季節などからも多くの影響を受けるため、大変繊細と言えます。自分の肌が現在どういう状態なのかをチェックしながら肌の管理を行い、常に自分の肌質とコンディションを知っておく必要があります。
■ 洗浄力をチェック
洗顔石鹸の洗浄力は、肌トラブルと直結しています。自分の肌質に合わない洗浄力の強いものを使ってしまうと、必要な角質層の表面にある皮脂膜や内部の脂質まで洗い流してしまいます。
洗浄力の強い洗顔料を使い続けることで、肌に必要な成分が剥がされてしまい、肌へ悪影響を及ぼしてしまいます。適切な洗浄力 は、日々使う洗顔石鹸にとってとても大切なポイントです。
■配合成分に注目
洗顔石鹸など「化粧品扱い」とされる石鹸は、薬事法により、全成分の表示義務があります。配合されている成分をよく確認することで、肌への良し悪しが判断できます。
特に、合成界面活性剤の有無や添加物について確認しましょう。

どろあわわ【どろ豆乳石鹸】で、毛穴するん♪お肌するん♪

2016年1月 7日 (木)

なぜ洗顔するの?

朝起きてから寝るまで、色んな場面で洗顔しますが、なぜこのように洗顔するのでしょうか。私たちの肌は、汗や皮脂を排出して体温調節を行います。また、体内の水分を保持する機能や、外部からの異物をシャットアウトする機能など、実に様々な働きを担っています。
こうした肌本来の機能を保つために必要なのが、肌の新陳代謝「ターンオーバー」と呼ばれるものなのです。この皮膚は常に新しく再生され、すべての肌細胞が新しく生まれ変わる周期は約4~6週間だとされています。
この期間に、肌は古くなった角質(垢)を適度に落としながら、自らの力でゆっくりと細胞分裂を繰り返し生まれ変わるのです。
しかし、こうした優れた機能を持つ肌にも、ひとつだけ自分ではできないウィークポイントがあります。それは、汚れを取ることです。
洗顔を怠ったり、誤ったケアが原因で古い角質をうまく落とすことができなくなると、毛穴が詰まってくすみやシミ、にきび跡、肌荒れなどの肌トラブルや老化を引き起こします。 さらに、肌が硬くなり、せっかくの化粧水や乳液も肌に浸透しにくくなってしまうのです。
ターンオーバーを正常にし、美肌をつくる第一歩はまず「正しい洗顔」が必要なのです。 汚れをしっかり落として、基礎化粧品がしみこみやすい肌作りをすることが、美肌への近道だと言えるでしょう。



テンデシカは濃厚【炭酸泡】洗顔料

2015年12月18日 (金)

リバウンドをしないエステと注意点

お金と時間を掛けてエステに通い続け、ようやく体重も減って体のラインもすっきりしたのに、エステをやめた途端に体型が元通りになってしまった。
こんなことになってしまったら、何のために・・・・とむなしい気になりますよね。こんな悔しい思いをしないためにも、エステ選びは非常に重要です。
例えば、発汗性のジェルなどを使ったハンドマッサージの一部には、ただ汗をかくだけで、脂肪の燃焼には全く役に立たないエステというものも存在します。これは、ただ一時的に体から水分を出して体重を減らしたように見せかけているだけですから、水を口にしただけで、あっという間に体重は元に戻ってしまいますから、何の意味もありません。
また、特殊な光をあてることで脂肪を融解させる光エステや、外科的手術で直接脂肪を取り除いてしまうエステなどもありますが、これで体質が変わるわけではありません。エステで痩せても、暴飲暴食をしていれば、すぐに前の体型に戻ってしまいますから、その痩せた体系を維持するためには、大変な努力が必要になります。
一時的に体重が減り、あたかもすぐに効果が出るように見せかけているエステではなく、太りにくい体が作られていくエステを選ぶことです。では、どのようなエステならばリバウンドしにくいのでしょうか。
高周波エステ、ラジオ波エステなどといったものは、電波によって体の内側から温めて新陳代謝を活発にし、太りにくい体を作ることを目的にしておりますから、このようにエステを選んだ方が良いのではないでしょうか。
しかし、これらはいずれも、リバウンドしにくいエステであって、絶対に、何があっても、リバウンドする可能性がない、という意味ではありません。痩せる以上に食べれば、脂肪がつくのは当然です。エステに通っていても、美しいプロポーションのためにも、暴飲暴食、極端な運動不足はやめましょう。
何より心がけなければなら ないのは、バランスの取れた食生活、適度な運動です。エステというのはダイエットに非常に有効な手段の一つではありますが、それだけに頼るのではなく、あくまで自分で痩せるという意思が必要なのです。



エステサロン「ピュウベッロ」は20代女性が圧倒的支持♪

ニキビにはどんなものがあるの?

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れがたまって炎症を起こすためにできますが、段階によって種類があります。
まず、毛穴にたまった皮脂が古い角質と混ざり合ってコメドと呼ばれる角栓ができ、毛穴を塞いだ状態が「透明ニキビ」と言い、ニキビの予備軍となります。
次に、ニキビの初期の段階としては2種類あります。まず、毛穴に皮脂で汚れがたまり、毛穴が詰まって閉じ皮膚の一部が盛り上がっている状態が、「白ニキビ」です。
そして、毛穴が皮脂で詰まって完全には閉じないけど狭くなり、外気で汚れたり、空気で酸化したりして黒くなった状態が「黒ニキビ」です。
「白ニキビ」から毛穴の奥が皮膚の常在菌であるアクネ菌などが皮脂を分解しながら脂肪酸という刺激性物質を発生させ、炎症を起こして毛穴を腫れさせ、赤くなった状態が「赤ニキビ」です。
このアクネ菌は空気が苦手なので、密閉された毛穴内に住みつきやすくなり、更に脂肪を栄養分としているのでどんどん数を増やして、 ニキビを悪化させてしまうため、赤ニキビは、完治してもニキビ跡が残りやすいと言われています。
そして、赤ニキビの状態からアクネ菌やブドウ球菌といった常在菌が増殖して、肌細胞が大きく破壊されて毛穴の炎症が進み、化膿して毛穴に黄色い膿みがたまった状態が「黄ニキビ」です。
この状態はニキビの最終段階なので、完治するまでに時間がかかったり、肌の奥深く真皮と呼ばれる組織を破壊したりするので、凸凹したニキビ跡が残ったり、赤色や黄色の色素が沈殿したりするケースもあります。
ニキビ初期の段階できちんとケア、治療すれば十分にキレイに肌を取り戻すことはできますが、放置すると、たとえ治ったとしても跡が残るなど。また別の肌トラブルを抱え込んでしまうことになるため、早期の対処が非常に大切となります。



ニキビ専用薬用洗顔石鹸「ノンエー(NonA)」

より以前の記事一覧