健康

2017年3月17日 (金)

お酢の肩こりや腰痛の緩和と美肌効果

体内で乳酸が増えるとたんぱく質と結合して、体の組織が硬くなって、肩こりが起こります。さらに、この乳酸が腰の周辺に増えると腰痛を引き起こす場合があります。

そんな時は、お酢を飲むことによって改善することができます。

お酢には、有機酸である酢酸やクエン酸が豊富に含まれておりますが、この有機酸は、乳酸が作られるのを抑えたり、分解を促進してくれたりします。

また、お酢は血中のコレステロールや中性脂肪を減らして血液をサラサラにするため、血流が良くなります。

これによって、肩や腰だけでなく、ヒザが痛いなど、体の節々の痛みにも効果があるのです。

血流が良くなることは、体のいろんなところで良い効果を発揮します。皮膚の細胞までちゃんと栄養が行き渡るため肌そのものが元気になります。

また、お酢には、肌をスベスベにしてくれるビタミンCや、肌まで栄養を運ぶ血管を若く保つビタミンEの吸収を助けてくれます。

さらに、新陳代謝が良くなると共にホルモンの分泌にも良い影響を及ぼして、生理不順の改善にも一役かってくれるのです。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪

2017年1月18日 (水)

肝臓の働き

B型肝炎やC型肝炎など、肝臓に関する関心が高まっておりますが、この肝臓は、人間の体の中では最大の臓器で、横隔膜の下、腹部の右上に位置しており、肋骨とお腹の境目に手を入れて深呼吸すると、一部に触れることができます。

その重さは、体重の約1/50分を占め、大人の男性では1.2~1.5kg程度、大人の女性では1.0~1.3kg程度の重さがあります。

肝臓は右葉と左葉が 肝鎌状間膜によって分けられており、生命活動を行うために必要な栄養の代謝、アルコールなどの有害物質の解毒、消化を行う胆汁を作る、血液の量を調節して免疫機能を調節して体を守る働きをします。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれているように、多少肝臓に障害が起こっても自ら再生することができることから、症状がかなり進行するまで病気に気づく事が出来ないと言われております。

人の臓器の中で再生機能をもつのは肝臓だけで、例え、3/4を切除しても、元通りに再生することができるといわれております。

しかし、飲酒によるアルコールなどで慢性的に肝臓を傷め続けると、肝細胞が破壊されても修復が追いつかなくなり、この破壊された肝臓細胞が次第に硬く変質していき、それが肝硬変に繋がっていきます。

また、胆のうや膵臓にも関係があり、これら3つの臓器が1つに繋がっていて、摂取した食べ物の栄養を消化や吸収し再加工するという働きを順番に行っております。

「肝パワーEプラス」で【肝臓や血圧】の不安を解消

2016年10月18日 (火)

歯にはどんな役割があるの?

歯と言うのは、見かけ上に限らず、健康な生活をする上で欠かせないものです。

味覚を豊かに保ち、おいしい食事の歯ざわりや歯ごたえを楽しむ。あるいは、美しい表情をつくるなどなど、歯のはたらきはさまざまです。

■食べ物を噛んで病気を防止します。
食べ物を咬むという事は歯にとつては当たり前の機能です。しかし、これは最も重要な役割です。食事をする時に良く咬むことにより、食べ物の栄養をしっかりと身体に吸収することができ、体調を整え、病気に負けない身体を作っていく事に繋がります。
「良い歯」で「良く咬む」。ここから健康の第一歩となるのです。

■健康な身体を作るかみ合わせ
歯のトラブルと言えば、何といっても虫歯ですね。しかし、虫歯以外にも悪い影響を与えものがあります。それがかみ合わせです。
か咬み合わせが変わると、頭痛がしたり、姿勢が悪くなって肩こりになるなどのほかにも、身体への影響は様々な形で現れます。
歯の異常を軽く見ず、早いうちに治療するよう心掛けましょう。早い治療がより「良い歯」をつくり、健康を保つことに繋がります。

■発音を助ける歯並び
人と話すときの発音において、歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります。例えば前歯にすき間がる、また、ひどい出っ歯などの場合、正確できれいな発音ができません。
先天性のものの他に、生活習慣により歯並びが悪化することがあります。治療はもちろん、生活のうえでも気をつけて美しい歯並びを保ちましょう。

「精密審美歯科」は、【ミクロレベル】で歯の治療をします!!

2016年6月 2日 (木)

プラセンタの種類と特徴

プラセンタとは胎盤のことで、哺乳類が妊娠中に胎児を育てるためにできる器官のことですが、抽出対象によって色んな種類があります。

ヒトプラセンタは、ヒト(人間)の胎盤から抽出されたプラセンタで、これを原料としたメルスモンやラエンネックといった医薬品は、1950年代に厚生労働省から医薬品として認可されております。

製造は、認可された製薬メーカーのみが許可されており、その使用や処方は医療機関のみが認められています。

自律神経の調節、更年期障害、生理痛、肝機能の改善等の目的で使用されていますが、現在では、美容クリニックや皮膚科等において、美容のために、プラセンタ注射をすることも増えております。

豚プラセンタは、BSE問題を契機に、牛由来のプラセンタが禁止されたことにより、現在、化粧品や健康食品として市場に出回るプラセンタの大部分を占めております。

中には、薬局などで医薬品として売られている錠剤や、ドリンクにも豚プラセンタを使用したものがあります。

馬プラセンタは、豚と比べて胎盤そのものが大きく、また、一度に出産する数か一頭であることから、豚プラセンタに比べて、約300倍ものアミノ酸を含有しています。

植物性プラセンタは造語です。植物にはそもそも胎盤などないからです。しかし、動物性プラセンタと同様に、アミノ酸、ビタミン、ミネラル類が含まれているので、プラセンタと称しております。

ただし、動物性プラセンタには存在する、肌の再生をコントロールする、たんぱく質の一種である成長因子は含まれていないため、細胞を活性化する効果は期待できません。

「穂のしずく」は【植物性プラセンタ】サプリです。

2016年5月31日 (火)

女性の冷え性対策

年齢に関わらず、女性の悩みの中で多いのが冷え性です。また、冷え性は寒い冬だけの現象ではなく、暑い夏でも冷え性であることを感じる女性も結構いるようです。

電車やオフィスの冷房が利きすぎて寒い、寝る時や朝起きる時に、手足が冷たく感じるなど、悩みは深いようです。

その対策として、オフィスでは足にブランケットを掛ける、靴下を履く、厚着をする、カイロを持つなどで対処しているようです。この他にも、夏でも、努めて温かい飲み物を飲む、体を温める食べ物を意識的に摂るという人も多いようです。

冷え性に悩む多くの女性が、これは体質が原因だと考えて、改善すること自体を諦めている傾向があるようです。

そもそも、冷え性は、全身に張り巡らされた毛細血管が硬くなって詰まることによって、血の巡りが滞って引き起こされる症状と言われております。

たいていは、冬に冷えを感じる人が多いのですが、クーラーの効きすぎなどが原因で、夏でも冷え性を感じる人が増えております。

同じクーラーの下にいても、冷えを感じる人と、そうでない人がおりますが、それは。その人の基礎代謝の違いによるものです。

冷え性を改善するには基礎代謝を上げる必要があり、そのために良い方法は、体内で熱を生み出す筋肉を鍛えることです。

筋肉を鍛えるためには、意識的に筋力トレを行い、有酸素運動と交互に行うことによって、血管の詰まりが緩められ、血管は柔らかくなり、体も温まるのです。

女性の多くは、冷え性は体質だと思って諦めがちですが、運動に加えて睡眠やバランスのよい食生活を行って日々の生活習慣を改善することで、症状の軽減が期待できます。

また、22時~深夜2時までのゴールデンタイムに就寝し、食物繊維とたんぱく質を多く含む食材を摂取することも大切です。

LCラブコスメティック

2016年5月19日 (木)

ファスティングはリバウンドしにくい?

ダイエットで最も注意しなければならないことは、いかにしてリバウンドを防ぐかと言うことでしょう。

せっかく辛い思いをしてダイエットに成功しても、リバウンドをしてしまっては、その苦労も水の泡となってしまいます。

ダイエットに何度も挑戦し、その都度、リバウンドを繰り返してきた人は、間違った痩せ方をしたためです。

健康的に痩せるためには、きちんと栄養素を摂取しつつ、カロリーを抑えることがなによりも大切なことなのです。

無理なダイエットをすると、代謝が落ちますが、酵素ドリンクには、体に必要な栄養素がたっぷり詰まっているので代謝を高めてくれます。そうすると、痩せやすい体質になるため、リバウンドしにくくなるのです。

ただ、いくらファスティングがリバウンドしにくいと言っても、ファスティング後の食生活が悪いと、体重が元に戻る可能性がありますので、それなりの努力が必要です。

食生活において、炭水化物・糖質・脂質を大量に摂取すると脂肪として蓄積されやすくなります。血糖値が上がり、血液中の糖分を細胞内に取り込んでしまうのです。

それを避けるためには、こうした栄養素は意識的に摂取量を減らすことが大切です。また、暴飲暴食は避け、腹8分目に抑えることも必要です。

ファスティングをすると、胃は小さくなっておりますから、この状態を維持するためには。食事の量を減らさなければなりません。

体重を維持するため、酵素ドリンクを飲んだり、定期的にファスティングを行うのも効果的です。少し食べ過ぎた時は、翌日の朝食は酵素ドリンクに置き換えるなどの工夫をするだけでも、リバウンドを予防することができます。

ファスティングは基本的にはリバウンドしにくいのですが、体重を維持するための努力は必要なのです。

優光泉(ゆうこうせん)は【ファスティングダイエット】のための酵素ドリンク!!

2016年5月18日 (水)

消化酵素の種類と摂取

消化酵素(潜在酵素)には、食物に含まれている消化酵素と人間のすい臓で分泌される消化酵素の2種類あります。

食べ物を消化するには酵素が必要なため、まず、食物に含まれている消化酵素を使い、それが不足する場合は、すい臓で分泌される消化酵素を使います。 もし、食べ物に酵素が沢山含まれておれば、すい臓は消化酵素を分泌する必要はありません。

反対に、食べ物に消化酵素が少ないか、含まれていない場合は、すい臓は消化酵素を分泌しなければいけません。

しかし、すい臓で分泌される消化酵素には限りがあります。その量は、遺伝子によって決まっており、その量を超える酵素は作り出せない上に、年を取るにつれて徐々に減少し、40歳を過ぎると激減します。

このため、40歳を過ぎても潜在酵素の量を保つには、日頃から、意識して沢山の食物酵素を体内に取り入れる必要がありますが、残念ながら、普段の食事には食物酵素を含んだ食品は非常に限定されております。

酵素は熱に弱く、48℃以上の熱で死滅してしまうため、過熱した料理には酵素がまったく含まれていないからです。

このため、食物酵素がたくさん含まれている酵素ドリンクを飲むことによって摂取する必要があるのです。

「お嬢様酵素」で酵素ファスティングダイエット(プチ断食)

2016年5月16日 (月)

体脂肪と体脂肪率

肥満の程度を測る基準には、体重と体脂肪率があります。ダイエットには体重だけでなく、体脂肪率にも注意を払って、バランスのとれた体を作ることが大切です。

体脂肪とは体の中に蓄えられた脂肪のことです。これは、余ったエネルギーをいざというときのために使えるよう、脂肪に変えて蓄えて置くものです。

人は生きていくためには、ある程度の体脂肪は必要です。それは、ただ単にエネルギーとしてだけではなく、体を保温したり、内臓を正しい位置に保って守ったりするなど、身体のために必要な色んな働きをしてくれるのです。

しかし、それも程度の問題で、余りにも溜めすぎてしまうと、生活習慣病の元となりますし、不足し過ぎると、病気になりやすくなったりします。

特に、女性の場合は体脂肪率が17%以下になると、月経機能が維持されなくなる危険があります。

体脂肪率は、体内で体脂肪が占める割合をいいます。市販されている体脂肪計で簡単に計測することが出来ます。

ダイエットの際、体重ばかりを気にしてると、体重は落ちたが、それは、骨や筋肉が痩せただけで、体脂肪率は高いままという、いわゆる「隠れ肥満」になる可能性があります。

逆に、体重はあるが、実は筋肉質のため体脂肪率は低く、ダイエットをする必要すらなかったなんてこともあります。

適正体脂肪率の目安としては、女性は20~24.9%、男性は15~19.9%となっておりますが、これは、20代の男女の目安で、体脂肪率は、加齢に伴って上昇する傾向があります。

クリーンイーティングダイエット「サクナサク」

2016年5月12日 (木)

肝機能を回復させるには

<肝臓は「沈黙の臓器」と言って、とても我慢強い臓器ですが、同時に、良く働き、繊細な臓器でもあります。

肝臓は、代謝や解毒といった作用をしますが、ただでさえ忙しい肝臓に余分な仕事をさせると、肝臓は疲れ、ついには肝機能を低下させることになります。

肝機能が低下すれば、体に悪影響を与え、放置しておくと重篤な病を発症することもあります。

このため、日頃から肝臓をいたわり、肝機能が低下したならば、回復させてあげましょう。

肝機能を回復させるためには、肝臓を休ませてあげることです。

特に不規則な食事や酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけて肝機能を低下させます。 また、夜更かしをして寝不足になっていると肝臓もしっかり休むことができません。

特に、昼夜逆転の生活は体そのものに負担をかけますから、早寝早起きをする習慣を身に付けていきましょう。

自分の生活習慣を見直し、規則正しい生活をするだけでも、肝臓の回復に繋がります。

適度な運動は、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぎます。食事で摂取した脂質は肝臓に蓄えられていきますが、これは、必要に応じてエネルギーとなり消費されていきます。

しかし、運動不足になっていると、蓄えられた脂肪がエネルギーとして消費されないまま、肝臓に蓄えられてしまいます。

適度な運動は肝臓だけでなく、体全体に脂肪が蓄積されるのを防ぐだけでなく、体力向上、免疫力アップ、疲れにくい体作りにも役立ちます。1日10分でも良いので、簡単な筋トレなどにチャレンジしてみましょう。

「サラシアプラス」で肝機能の改善

2016年5月 5日 (木)

失敗しない水素サプリ選び

水素サプリの中には、ほとんど水素を発生させない粗悪品も多くありますので、製品選びには細心の注意が必要です。

水素サプリを選ぶにあたっては、まず、発生した水素が、水素水何リットル分に相当するかが明記されている製品を選びましょう。

水素サプリで発生した気体水素は、一旦、水に溶けないと体に取り込まれないため、水素サプリの検討にあたっては、どれだけの量の水素が発生するか、そして、水素水何リットルに相当する量が水に溶けるのかが明記されていないと比較することができません。

このため、信頼できる製品であれば、「水素水 ◯◯ リットル相当」と注釈がついておりますので、水素サプリを選ぶ際は、こうした表記がしっかりなされている製品を選びましょう。

次に、水素発生成分をチエックして、発生成分に「精製岩塩」を使用している製品を選びましょう。

水素サプリに使用されている水素発生成分のうち、最も多くの水素を安全に発生させるのが精製岩塩だからです。

もし、これ以外の成分が使用されていたら、水素の発生量が少なく「水素水 ◯◯ リットル相当」と表記できるだけの十分な水素を作ることが出来ません。

その他、避けたほうが良い製品としては、成分と水素発生量が不明瞭な製品や発生量の単位に酸化還元電位(mV)を使用しているものを避けた方が無難です。

これらの製品は、十分な量の水素を発生させないか、もしくは、研究が進んでいる分子水素とは異なるものを発生させている類似品の可能性が高からです。

信頼できる製品は、どんな成分でどれだけの水素を発生させ、サプリ1粒で、水素水何リットル分に相当するのか明記されております。

また、酸化還元電位(mV)は、正確な水素発生量を測るための尺度ではなく、これは、水素以外の要素に大きく影響され、中には、非常に低い還元電位を表示して水素が多く発生していると見せかけているが、実際は、ビタミンCによって酸化還元電位を下げて数値を底上げしている悪質な製品もあるからです。

「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度を実現したサプリです。