脱毛

2017年12月14日 (木)

やって損はないハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)とは、Vライン、Iライン、Oラインをセットで脱毛するプランのことです。

欧米では一般的に行われておりますが、恥ずかしがり屋の日本人女性の間では、まだまだなじみの薄い部位の脱毛です。

これらは、とてもデリケートな部位の脱毛ですので、女性に取ってこの部位を脱毛することはかなり抵抗があるのも確かです。

しかし、どの脱毛サロンにおいても、施術の際には紙パンツを着用して脱毛するので、下半身を丸出しにして施術することはありません。特に、フラッシュ脱毛は、紙パンツをずらしながら光を当てて行くので、恥ずかしさもかなり軽減されることでしょう。

ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)でデリケートゾーンの無駄毛を処理することによって、パンツから毛がはみ出ることもなく、なおかつ衛生的にも精神的にもすっきりします。

ちょっと恥ずかしいけど、やって損はないのがハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)です。見えない部分もきちんと脱毛することが、ワンランク上の素敵な女性になるための条件かもしれません。

「エルセーヌ」は豊富な美容体験コースを格安料金で提供♪

2017年1月10日 (火)

脱毛サロンに通う回数は?

脱毛サロンで脱毛をするにあたって気になるのは、まずはどれくらい費用がかかるかでしょうが、もう一つ重要なのは、何回通えば良いのかということでしょう。

脱毛が終わるまでは、何度かに分けて通わなければ、完全な脱毛はできません。

これはどのエステやクリニックに行っても、どんな脱毛法をおこなっても同じことです。

それは、毛には生え変わる周期、「毛周期」が関係しているからです。

毛には、抜ける毛と再生する毛、そして各部位によって伸びる長さや、速さが決まっており、これが「毛周期」です。

毛周期には、成長期・退行期・休止期という3つのサイクルがあり、これによって伸びる長さも決まります。

成長期は、毛が伸びている状態で、成長が長ければ、それだけ毛は長く伸びます。

退行期は、成長を終えた毛が、抜けおちるまでの期間です。

休止期は、毛が抜けて、次に成長を始めるまでの、皮膚の中で休んでいる期間です。

この3つのサイクルの中で「休止期」の時期は、毛が皮膚の中で休んでいる状態なので、電気脱毛でも脱毛できませんし、レーザーなどでも毛が表面に見えないので、脱毛することはできません。このため、脱毛は1度だけでは処理できないのです。

この「毛周期」の関係から、例えば、ワキならおおよそ2~3ヶ月に1回、1年間で5、6回ほど脱毛に通う必要があります。

優良脱毛サロンならコチラ

2016年4月 6日 (水)

Vラインの脱毛とその注意点について

水着や下着のオシャレを楽しむ女性にとっては、この部位の処理は非常に関心が高いところです。

このVラインは、両ワキと同様に濃くて毛根のしっかりしている毛が生えているために、自己処理が難しい部分です。

しかも、あまり人には見せたくない部位ですので、プロの手に委ねるのに躊躇する方も多いかと思います。

しかし、最近ではVライン脱毛も珍しいことではなく、ほとんどの脱毛サロンでVラインのコースがあります。面倒な自己処理から解放されると人気を集めております。

Vライン脱毛は色素沈着や毛の密度などにもよりますが、脱毛は他の部位より痛みを感じやすいといわれます。このため、医療機関など行われるレーザー脱毛よりも、刺激が比較的少ない光脱毛の方が良いでしょう。

なにしろ、肌が敏感な部分なので、衛生的で丁寧な施術、万全のアフターケアが受けられる脱毛サロンを選んでください。

施術のあたっては、脱毛サロン側が用意した紙のショーツなどを着用して受けます。落ち着いて脱毛できる雰囲気も重要です。

セフレとは?

2015年11月17日 (火)

脱毛サロンで施術後の注意事項

施術を行った当日に入浴するのは可能です。ただ、湯船は熱がこもっているため、これによって脱毛箇所に赤み、かゆみ、痛みがなどが生じるおそれがあるので、できれば、シャワーだけにしたほうが無難です。

また、脱毛した箇所をボディソープでゴシゴシこすることも控えましょう。また、飲酒や激しい運動も同じく熱がこもってしまうので控えましょう。

施術後に毛抜き処理を行うと、せっかく光を当てた毛乳頭を抜いてしまうため、効果がなくなってしまいますので絶対にやめましょう。

また、抜くことによって毛穴に負担がかかり、バイ菌が入って炎症を起こしたり、埋没毛に危険性もあるため、良いことは1つもありません。

かといって、何ヶ月後かに来るであろう次の施術まで、何も処理しないでおくのは無理ですので、脱毛サロンでの施術後に、毛が気になりだしたら電気シェーバーを使って表面の毛だけ自己処理しましょう。

処理後は保湿をして肌を柔らかくすると埋没毛防止にもなりますので、面倒くさがらずにしっかりと保湿を行うことをお勧めします。

脱毛サロンなら店舗数・売上高NO1の「ミュゼプラチナム(Musee Platinum)」へ