脱毛

2017年1月10日 (火)

医療機関で行うレーザー脱毛と注意点

医療機関が行うレーザー脱毛は、脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛と原理は同じですが、照射するレーザー(光)の種類はかなり異なります。

レーザーの方が強いのはもちろん、光が拡散しないために、照射した箇所は熱をもちやすく、火傷などのトラブルになりやすいため、レーザーを扱えるのは医療機関に限定されています。

このように、医療機関でしか受けられないレーザー脱毛は、脱毛の効果が高く、確実に脱毛をしたい人にお勧めです。

これは皮膚科などのクリニックにエステサロンが併設されていて、医師の判断と指示のもとで脱毛などを行うものです。医療機関の安心・安全と、エステの美容技術を持ち合わせているのが、今注目のメディカルエステです。

肌の不調や、脱毛に伴う各種トラブルにも医師が素早く対応してくれるため、安心感も強いですね。

クリニックも「病院」という雰囲気ではなく、高級サロンのようにオシャレで、通いやすいところが多いのが特徴 です。

レーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛より痛みが強く、熱く感じる人が多いようです。痛みに弱い人には、塗布するタイプの麻酔薬を使ってくれるクリニックもあるので、相談してみましょう。

敏感肌で刺激に弱い人も、事前のカウンセリングでしっかり説明を受けてください。試しにワンショット照射し てくれるクリニックなら、痛みなども含めて確認しておくと良いです。レーザー脱毛は肌を乾燥させるので、施術後の保湿ケアも大切です。


KM新宿クリニックの【ハヤブサ脱毛】は最短4ヶ月で永久脱毛完了!!

2016年4月 6日 (水)

Vラインの脱毛とその注意点について

水着や下着のオシャレを楽しむ女性にとっては、この部位の処理は非常に関心が高いところです。

このVラインは、両ワキと同様に濃くて毛根のしっかりしている毛が生えているために、自己処理が難しい部分です。

しかも、あまり人には見せたくない部位ですので、プロの手に委ねるのに躊躇する方も多いかと思います。

しかし、最近ではVライン脱毛も珍しいことではなく、ほとんどの脱毛サロンでVラインのコースがあります。面倒な自己処理から解放されると人気を集めております。

Vライン脱毛は色素沈着や毛の密度などにもよりますが、脱毛は他の部位より痛みを感じやすいといわれます。このため、医療機関など行われるレーザー脱毛よりも、刺激が比較的少ない光脱毛の方が良いでしょう。

なにしろ、肌が敏感な部分なので、衛生的で丁寧な施術、万全のアフターケアが受けられる脱毛サロンを選んでください。

施術のあたっては、脱毛サロン側が用意した紙のショーツなどを着用して受けます。落ち着いて脱毛できる雰囲気も重要です。

セフレとは?

2015年11月17日 (火)

脱毛サロンで施術後の注意事項

施術を行った当日に入浴するのは可能です。ただ、湯船は熱がこもっているため、これによって脱毛箇所に赤み、かゆみ、痛みがなどが生じるおそれがあるので、できれば、シャワーだけにしたほうが無難です。

また、脱毛した箇所をボディソープでゴシゴシこすることも控えましょう。また、飲酒や激しい運動も同じく熱がこもってしまうので控えましょう。

施術後に毛抜き処理を行うと、せっかく光を当てた毛乳頭を抜いてしまうため、効果がなくなってしまいますので絶対にやめましょう。

また、抜くことによって毛穴に負担がかかり、バイ菌が入って炎症を起こしたり、埋没毛に危険性もあるため、良いことは1つもありません。

かといって、何ヶ月後かに来るであろう次の施術まで、何も処理しないでおくのは無理ですので、脱毛サロンでの施術後に、毛が気になりだしたら電気シェーバーを使って表面の毛だけ自己処理しましょう。

処理後は保湿をして肌を柔らかくすると埋没毛防止にもなりますので、面倒くさがらずにしっかりと保湿を行うことをお勧めします。

脱毛サロンなら店舗数・売上高NO1の「ミュゼプラチナム(Musee Platinum)」へ