防災

2016年7月11日 (月)

エレベータ内で地震に遭遇したら

ある程度大きい地震が発生した時、たまたまエレベーターに乗っていたらどうすればよいのでしょうか。

「地震時管制運転装置」が付いているエレベーターであれば、地震を感知すると、最寄の階まで移動して停止し、ドアを開けるので、中の人は外に出ることが出来るようになっております。

それにも拘わらず、実際に地震が発生すると、例え、こうした装置が付けられていても、予定通りに動くことなく、一定以上の地震の揺れを感知すると、機器が壊れるのを防ぐために自動停止するため閉じ込めが発生してしまいます

。ましてや、こうした装置が付いていない旧式の場合は、当然、停電になってしまうと閉じ込めが発生します。

階の途中でエレベーターが止まってしまうと、外に出る方法はありません。映画のように天井から脱出するなんてのも不可能です。

このため、揺れを感じたら、直ちに停止ボタンを押して電源がシャットダウンする前に 外に出ることしかありません。

もし、それ失敗して閉じ込められてしまった場合は、備え付けのマイクを使って管理者を呼び出して救援を待つしかありません

。 それがダメであれば、携帯を使って外部への連絡を試してみましょう。焦って大声をだしたり、ドアをたたいたりすると、体力を無駄に消耗することになりますので、冷静に対応することが大切です。たいていは、数時間以内に救出されております。

防災・地震対策グッズ通販