妊活

2017年2月21日 (火)

肥満と妊活ダイエット

肥満は妊活に良くない影響を与えます。脂肪細胞の数が増えると同時に、その一つ一つの細胞に溜まる脂肪の量も増えて行きます。

そうすると、女性ホルモンのバランスが乱れて、卵巣で卵子が育ちにくくなったり、妊娠中に高血圧や糖尿病などのリスクが高くなってしまうからです。

このため、妊活中にダイエットをすることが良いと言われているのです。女性に限らず、男性も、極端な肥満は精液中の精子の数が少なくなると言われております。また、肥満に繋がる生活習慣によって、精子の質が悪くなる可能性もあります。

体脂肪率が女性は20~29%、男性は10~19%、BMI(体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)))は18.5~25が標準とされておりますが、この範囲内でないと妊娠できないという訳ではありませんが、この基準を大きく超える極度の肥満は、ホルモンバランスが乱れて不妊の原因になってしまいます。

その一方で、標準範囲を超える過度なダイエットを行うと、生殖機能が維持できなくなって、月経や排卵が乱れたり止まったりすることがあるので注意が必要です。

【妊活】情報館☆不妊に悩んでいるカップルのために♪

2016年7月19日 (火)

妊活サプリの選び方

妊活サプリに含まれている代表的な栄養素としては、最低限必要なベースになる葉酸サプリ、妊活中の足りない栄養素を補助してくれるマカサプリ、積極的に摂り入れたい妊活サプリサプリであるコエンザイムQ10などがあります。

このため、成分量がきちんと記載されているサプリを選びましょう。特に、ベースとなる葉酸サプリに関しては、配合されている成分量がきちんと記載されている商品を選ぶようにしましょう。

記載がないものは、何がどれだけ入っているか不明なため、自分に合ったサプリかどうかの判断ができないからです。

マカサプリに関しては、マカの1日あたりの含有量のみを表記してあります。商品によって、栄養の抽出量は異なりますが、含まれている栄養構成は同じで、たいていは、カルシウム、鉄分、亜鉛、タンパク質、アミノ酸がバランスよく含まれています。

サプリメントの栄養素には、天然と合成の2つのタイプがあります。合成サプリは、体に良くないものが入っているのではないかと疑う人もおりますが、品質管理体制がしっかりしている会社の商品であれば、まず問題はありません。

また、合成サプリは、味にクセがなく、サイズも小さめで飲みやすいというメリッがあります。

一方、天然成分のサプリは、価格が高く粒も大きくなりがちですが、合成では作れない栄養素を取り入れることができるメリットがあります。

このため、天然か合成かについては、あまり神経質にならずに選んだ方が良いかもしれません。しかし、商品が体に合わないと感じた時は、すぐに飲用を止めましょう。

妊活サプリ「プレミンパパ・プレミンママ」は、【妊娠】しやすい体をつくります♪