育毛

2017年4月14日 (金)

育毛で大切なこと

育毛には様々な方法があるため、こうした様々な方法を知っておく事は、これから育毛に取り組むという人だけでなく、既に育毛に取り組んでいる人にとっても大事なことです。育毛はとてもデリケートものですので、闇雲に行っても効果は出ません。

育毛効果を高めるためにはどうすれば良いかを常に考え、緻密に、そして毎日継続して行わなければならないのです。これが、育毛の肝であり、育毛が難しいと言われる所以なのです。

育毛というものをしっかりと「知る」、それがなぜ有効なのか、なぜ意味の無い行為なのかなどを把握しておくだけでも、育毛の効果は目に見えて違ってくるものなのです。

育毛に「まぐれ」などはありません。毛が育つには確たる理由があり、育毛はとても難しいものなのです。

そして、どのような育毛方法であれ、短期間で効果の出るような方法はないという事です。

育毛は自分自身の髪の毛を育てるものですから、それは時間がかかるものだということは、しっかりと、頭に入れて置きましょう。

もしも、今すぐにでも毛を濃くしたい、あるいは、毛をふさふさにしたいのであれば、育毛よりも、植毛やかつらの方が適しております。

しかし、こうした方法で手に入れる毛は、自分の毛ではありません。植毛は自分の毛ではありますが、それは手術という大掛かりな方法が必要になってくるのです。

【薄毛や抜け毛】にお悩みの方は「銀クリAGA.com」気軽に無料相談!!

2017年4月 7日 (金)

男性と女性の薄毛・抜け毛の違いは?

男性だけが薄毛や抜け毛に悩んでいるわけではありません。女性も男性と同様に髪と頭皮について悩んでいるのです。

20代~30代の女性と言えば、薄毛についての悩みが無さそうですが、実態は、悩みを抱えている方が少なくありません。その原因は、生活習慣の乱れなどがあるとされており、働く女性に多いストレスなどが関係していると考えられています。

また、男性の薄毛は一般的に、毛髪自体が細くなっていくというものですが、女性の薄毛は髪の数が減っていく傾向にあります。男性の場合は部分的に脱毛が見られ、脱毛部の形によってM型・O型などと言われますが、女性の薄毛は頭部の比較的広い範囲でボリュームダウンが起こる、いわゆる「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状です。

これは加齢などによって毛母細胞の活動が弱くなり、通常であれば一つの毛穴から何本も生えている毛髪が減ってしまう事で起こります。

さらに、髪自体が細くなりハリやコシも失われることで、全体的なボリュームダウンを感じる原因となっています。

特に50代以上の女性では、これから成長していく毛髪の割合が減少し、抜け毛が増える事で髪全体の本数が減ってしまうのです。

このように男女の薄毛は原因もタイプも違います。そのため、男性用の育毛剤を女性が使用しても効果はありません。最近では男女兼用の育毛剤も多くなっているのです。

「マイナチュレ」は女性専用の育毛剤です

2016年8月19日 (金)

運動不足は薄毛を悪化させる?

髪の毛は、頭皮の毛穴の底で毛細血管と繋がっている毛乳頭に栄養が運び込まれることで作り出されていきます。このため、髪の毛の育成には、頭皮下の毛細血管から栄養素を取りこむことが必要不可欠なのです。

身体を動かすと、汗をかき体温が上昇します。そうすると、体内では代謝が活発に働き出し、これによって、細胞分裂が盛んになって細胞が入れ替わることによって、古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わっていきます。

運動が不足すると、これらの活動が停滞するため、毛母細胞による髪の毛の生成が低下して、これが結果的に薄毛を悪化させることに繋がります。

また、運動不足になると、血流が悪化すると同時に肉体的な疲労状態がもたらされないため、深い眠りに入ることができません。

睡眠が上手に取れないと、成長ホルモンが活発化する夜10時~深夜2時の間に行われる、毛母細胞の分裂を低下させてしまうだけでなく、頭皮の血流が悪くなるため栄養が行き届かず、抜け毛の原因を作ってしまうのです。

育毛剤「ポリピュアEX」は累計販売60万本を突破