家電

2020年1月22日 (水)

対流式暖房機の種類と特徴

対流式暖房は、空気を暖め、対流によって室内を暖めるもので、メリットとしては、立ち上がりが早く、温度が上がりやすいのですが、空気の対流によってホコリが舞い上がりやすいデメリットがあります。


セラミックファンヒーターは、電気で熱したセラミックの熱をファンで送る方式です。薄型化しやすく、石油やガスのような燃料を必要としないのがメリットですが、直接燃料を燃やす石油やガスと比べるとパワーが劣ります。


国内メーカーの上位モデルになると、加湿機能や人感センサー、ナノイー・プラズマクラスターなどの機能が搭載されております。


エアコンは、室内機と室外機の間を、冷媒を使用して圧力をかけた空気を循環させることにより、部屋を暖める方式です。

上位モデルになると、人感センサーを搭載して、人がいる箇所にスポット送風することで、暖房の効率を高めております。


構造上、外気のエネルギーを取り入れることから、条件によっては、石油ストーブよりも暖房効率が良くなる場合があります。その一方で、設置に手間がかかり、設置されると動かせなくなる、価格が高いというデメリットがあります。


石油ファンヒーター/ガスファンヒーターは、石油やガスを燃焼させて、温まった空気を循環させることにより部屋を暖める方式です。


パワーが強く温まりやすく、また、燃料代を含めたランニングコストが安いというメリットがありますが、空気が乾燥しやすく換気が必要、また、独特の臭気が発生するというデメリットがあります。


季節家電&保冷・冷却グッズ

2017年10月24日 (火)

ミキサー(ブレンダー)とジューサーの違いは?

ミキサー(ブレンダー)とジューサーは、いずれも、手軽に野菜や果物をジュースにして栄養が取れると人気の家電です。

ミキサーとブレンダーは実は同じモノを指しています。日本ではミキサーという名が定着していますが、世界的にはブレンダーが正式名称です。

容器の底についている刃で果物や野菜を細かく切りきざんで撹拌するもので、水や牛乳などの水分を加えてジュースを作ります。

メリットとしては、食材をまるごとジュースにするため、食物繊維をそのまま摂ることができる。食材の身も一緒に飲むため、ボリュームがあるジュースができる、絞りカスなどが出ず手入れが楽です。

デメリットとしては、水分を足さないとジュースができないため、100%のジュースはできない。また、食材の身が混ざるため、さらさしたジュースは作りにくいなどがあります。

ジューサーは、果物や野菜などの食材を細かく砕いて細胞壁を壊し、それを濾しながら水分だけを絞り出すもので、絞りカスが残ります。

カスとして食物繊維を取り除いてしまうのが難点ですが、腸が弱っている時は、栄養素を吸収しやすいとも言われます。

メリットとしては、水分の少ない食材もジュースにすることができる、食材の水分のみなので100%のジュースができる、食材の身は除去されるので、サラっとしたジュースができる。

デメリットとしては、食材の身を濾すため食物繊維が減ってしまう。絞りカスが内部に残るためパーツの手入れが大変です。

クビンス低速ジューサー